2014年09月28日

さみしくて仕方がない

娘が家を出て
私が通うことも少なくなって
自分のために使う時間が増えたのだけれど
独りの休日は
寂しくて仕方がない。
娘が病気だから気がかりなのか
自分が寂しいから声を掛けたくなるのか
多分両方?
いやいや後者だな。
娘が独りで暮らすことが
治療に繋がるとわかっていても
リストカットするくらい不安定になることもあるようで
そんな姿を思うだけで
涙があふれてしまう。
自分から治療を求める必要があると
自分で次に何をするかを決める必要があると
分かっているのに
口を出したくなって
メールを打ちかけては抹消する。
娘は、混乱の日々を抜けた。
次は、自分で治ること。
私は
自分の不安や寂しさを解消するために
娘に繋がってはいけない。
腹をくくったつもりだったけれど
今日は
寂しくて仕方ない。
私は
自分の面倒を
しっかりと看なくては!
posted by sako at 19:54| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。