2004年11月01日

笑の大学

観たいと思っていた映画をみた。

映画の日だからね。

浅草の映画館。

少しピントがアマい映写機と、壁や座席に染み着いた煙草のヤニの臭い。

平日のまばらな観客と、時々起こる笑い声。

じんわりとこみ上げてくる涙。

私は好きだな。

うん、好き。

ここに何かが残ってる。

何だかやりきれない後味も。

ある日突然断ち切れてしまう未来。

そんな世界に生きていたんだ。

生きているんだ…
posted by sako at 18:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

笑の大学
Excerpt: KAZZのこの映画の評価  先週、話題の”笑の大学”をやっと見てきました 三谷幸喜は、凄い ここまで、映画館で観客が声を出して笑っていた映画って、なかったんじゃないかな 役所広司、稲垣..
Weblog: (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
Tracked: 2004-11-28 09:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。